リベラルテの特徴

リベラルテのスペイン語教室は、もとは2000年春、スペイン語を学ぶ同志が週1回集まり、自分たちで講師を招いてはじめた“勉強会”がそのルーツです。教室となった現在でも、当時の自主的で意識の高い学びの精神は変わることなく受け継がれています。

リベラルテがこだわるのは、“学びたいことを、同じ目的をもった仲間と一緒に学ぶ”勉強スタイルであり、教室はそのサポートに徹しています。生徒ひとりひとりの“何を学びたいのか”“目的は何か”“どんな風に学びたいのか”をきちんと把握したうえで、講師と教室が一体となって授業を創っています。

授業では、スペイン語だけではなく、スペイン語圏の国々の文化や歴史、人々の生活や習慣なども学びます。また、映画や音楽、文学やアート、料理やワイン、サッカーやフラメンコなど、ひとりひとりの興味に応じたテーマを随所に取り入れながら、楽しくいつも前向きな気持ちで勉強を続けてもらえるような工夫を大切にしています。

また、リベラルテの授業のいちばんの特徴は、“耳から学ぶスペイン語”です。スペイン語を正確に発音でき、しっかり聞き取れる耳を養うために、多様な視聴覚教材やTVニュース、映画、音楽などのメディア素材を活用しながら、円滑なコミュニケーションに必要な“生きたスペイン語”を学びます。

言語の習得はもちろん一朝一夕にはいきません。みなさんがスペイン語を学習する道程で、「スペイン語の勉強は楽しいな!」 「もっともっとスペイン語を学びたい!」 と感じられる瞬間を常に提供し続ける教室でありたいと心がけています。

教室はこんな感じです。

◎写真は旧教室のものです。新しい教室の写真は制作中です。

スペイン語教室1、2

オーディオヴィジュアル機器を備えた教室が3つあります。

フリオ先生

先生との距離感が近いのも、リベラルテの特徴です。

スペイン関連雑誌

リベラルテのHPで紹介した雑誌・スペイン語テキスト・児童書なども展示しています。

スペイン映画・音楽

スペイン映画や日本のアニメのスペイン語版DVDやビデオが揃っています。音楽は、民族音楽からPOP/インディースまで。無料で貸し出しています。

古本市場

クラスで使用した教科書やスタッフが読み終えた洋書や書籍など集めて「古本市場」やってます。

スペイン語ファイル

過去数年間に授業で使用した教材を集めたファイルです。「TELEDIARIO」(1分以内のニュース映像とスクリプト)「歌って学ぶスペイン語」「俗語で学ぶスペイン語」「ことわざ特集・ジョーク特集」「イラスト単語帳」「スペインのメディアで取り上げられた日本」、映画のオリジナルスクリプトなど面白い教材が沢山揃っています。講師が必要に応じて授業で使用しています

リベラルテの先生です。

リベラルテのメイン講師陣です。
他にも大学や官庁・企業等でスペイン語を教えている講師が数名います。

Julio Villoria フリオ・ビジョリア・アパリシオ

フリオ・ビジョリア 先生

スペイン・サラマンカ出身

Elena Ponce エレナ・ポンセ・マリンバルド

エレナ・ポンセ 先生

スペイン・アルバセテ出身

Carlos Alvaro Verchili

カルロス・アルバロ 先生

スペイン・カステリョン出身

Nicolas Ballesteros

ニコラス・バジェステロス 先生

スペイン・セビリア出身

Javier Fernandez

ハビエル・フェルナンデス 先生

スペイン・オウレンセ出身

トップページに戻る

東京・四ツ谷にある
アットホームな
スペイン語の学校です

リベラルテの講師陣を紹介しています

DELE 集中講座

クラスの一覧

耳が喜ぶスペイン語

スペイン語教室 リベラルテ